welove豊田

豊田市は駅前のスタイリッシュな街並みと豊かな自然が融合しています。
映画では豊田市内の各地区でロケを行い、
そこに暮らす市民の皆さんも数多くスクリーンに登場していただきました。
「WE LOVE とよた」の思いがいっぱい詰まった、
そんな素晴らしいロケスポットをめぐってみてはいかがでしょうか?

1.名鉄三河平戸橋駅

名鉄三河平戸橋駅

豊田スタジアムでサッカー観戦デートをした志保を、浩が見送った名鉄三河線平戸橋駅。駅前の夜桜が満開!

2.吟粋庵 結城

結城

自動車関連の社長が取引先との会食を行った料理屋結城の座敷。湯豆腐と雪虎に舌鼓を打ちました。

3.喜楽亭

喜楽亭

大正時代の町屋建築の面影をそのまま残す喜楽亭。結城での撮影の際、俳優の着替えやメイク室として使用されたほか、映画では政美の部屋としてスクリーンに登場します。

4.豊田スタジアム

結城

名古屋グランパスのホームスタジアムは、4万25000人収容。スタジアムの中はまさに劇場の3ようです。最大傾斜38度のスタンドには400人を超えるエキストラの皆さんが集まり撮影にご協力いただきました。

5.さんきゅうらーめんあきば家

さんきゅうらーめんあきば家

志保がランチに出かける、浩の経営するラーメン屋。さんきゅうラーメンあきば家をロケ地として使用させていただきました。店の前の自動販売 機はポッカサッポロフード&ビバレッジからお借りしたもの。

6.豊田鉄工本社の役員応接室

豊田鉄工本社の役員応接室

ものづくりについて語る社長の言葉に耳を傾ける役員。豊田鉄工本社の役員応接室でのロケには、協賛企業の役員の皆さんがエキストラでご参加くださいました。

7.新名工業

新名工業

志保が務めている自動車修理工場の舞台となった新明工業。劇中のユニフォームは社員の方々と同じものを新調してくださいました。

8.野見山展望台

野見山展望台

ラストシーンの撮影が行われた野見山展望台はるかに広がる豊田市内が一望できる場所です。

9.二畳ケ滝

二畳ケ滝

勇作のこだわりの豆腐作りに欠かせない水。 映画では二畳ケ滝の水を楮の皮で濾過して 使うという設定になっています。

10.松平東照宮

松平東照宮

ラストシーンの撮影が行われた野見山展望台はるかに広がる豊田市内が一望できる場所です。

11.こうや前

こうや前

志保が務めている自動車修理工場の舞台となった新明工業。劇中のユニフォームは社員の方々と同じものを新調してくださいました。

12.石野地区自慢の成合の一本桜

石野地区自慢の成合の一本桜

映画の冒頭に登場。森と川のせせらぎ、そして桜は豊田市を象徴する風景です。

13.和紙のふるさと

和紙のふるさと

和紙のふるさと工房では、小原和紙の実演が行われています。豆腐作りの水に欠かせない楮の皮をわけてもらうシーンを撮影しました。

14.笹戸温泉

笹戸温泉

愛知県最古の天然温泉の奥矢作峡・笹戸温泉。清流に沿って数件の温泉宿がならび、日帰り利用も可能です。せせらぎの音を聞きながら、ゆったり温泉につかると日ごろの疲れがスーッと抜けていきます。

15.稲武の前橋

稲武の前橋

勇作が豆腐販売をする軽トラックは豊田市内の自然豊かな町を走ります。勇作が政美に生きることの意味を説いた前橋も何度も映画に登場します。

16.迷道庵

迷道庵

勇作の家兼平野屋豆腐店として使われた迷道庵。囲炉裏を切ってある古民家のたたずまいが映画の雰囲気を盛り上げています。

17.マルハチ鈴木商店

新名工業

足助町新町の鈴木商店前で豆腐を販売している勇作。地元の大勢の方にエキストラで出演いただきました!

18.もみじ街道

もみじ街道

壇蜜さん演じる志保が政美をオートバイの後ろに乗せて疾走したのが紅葉街道です。撮影は桜の季節でしたが、秋にはその名の通りそれは見事な紅葉の回廊が。車で通りぬけるのもいいですがぜひのんびりお散歩をして赤や黄色のもじみをご堪能ください。

戻るボタン
welove豊田

豊田市は駅前のスタイリッシュな街並みと豊かな自然が融合しています。映画では豊田市内の各地区でロケを行い、そこに暮らす市民の皆さんも数多くスクリーンに登場していただきました。「WE LOVE とよた」の思いがいっぱい詰まった、そんな素晴らしいロケスポットをめぐってみてはいかがでしょうか?

1.名鉄三河平戸橋駅

名鉄三河平戸橋駅

豊田スタジアムでサッカー観戦デートをした志保を、浩が見送った名鉄三河線平戸橋駅。駅前の夜桜が満開!

2.吟粋庵 結城

結城

自動車関連の社長が取引先との会食を行った料理屋結城の座敷。湯豆腐と雪虎に舌鼓を打ちました。

3.喜楽亭

喜楽亭

大正時代の町屋建築の面影をそのまま残す喜楽亭。結城での撮影の際、俳優の着替えやメイク室として使用されたほか、映画では政美の部屋としてスクリーンに登場します。

4.豊田スタジアム

結城

名古屋グランパスのホームスタジアムは、4万25000人収容。スタジアムの中はまさに劇場の3ようです。最大傾斜38度のスタンドには400人を超えるエキストラの皆さんが集まり撮影にご協力いただきました。

5.さんきゅうらーめんあきば家

さんきゅうらーめんあきば家

志保がランチに出かける、浩の経営するラーメン屋。さんきゅうラーメンあきば家をロケ地として使用させていただきました。店の前の自動販売 機はポッカサッポロフード&ビバレッジからお借りしたもの。

6.豊田鉄工本社の役員応接室

豊田鉄工本社の役員応接室

ものづくりについて語る社長の言葉に耳を傾ける役員。豊田鉄工本社の役員応接室でのロケには、協賛企業の役員の皆さんがエキストラでご参加くださいました。

7.新名工業

新名工業

志保が務めている自動車修理工場の舞台となった新明工業。劇中のユニフォームは社員の方々と同じものを新調してくださいました。

8.野見山展望台

野見山展望台

ラストシーンの撮影が行われた野見山展望台はるかに広がる豊田市内が一望できる場所です。

9.二畳ケ滝

二畳ケ滝

勇作のこだわりの豆腐作りに欠かせない水。 映画では二畳ケ滝の水を楮の皮で濾過して 使うという設定になっています。

10.松平東照宮

松平東照宮

ラストシーンの撮影が行われた野見山展望台はるかに広がる豊田市内が一望できる場所です。

11.こうや前

こうや前

志保が務めている自動車修理工場の舞台となった新明工業。劇中のユニフォームは社員の方々と同じものを新調してくださいました。

12.石野地区自慢の成合の一本桜

石野地区自慢の成合の一本桜

映画の冒頭に登場。森と川のせせらぎ、そして桜は豊田市を象徴する風景です。

13.和紙のふるさと

和紙のふるさと

和紙のふるさと工房では、小原和紙の実演が行われています。豆腐作りの水に欠かせない楮の皮をわけてもらうシーンを撮影しました。

14.笹戸温泉

笹戸温泉

愛知県最古の天然温泉の奥矢作峡・笹戸温泉。清流に沿って数件の温泉宿がならび、日帰り利用も可能です。せせらぎの音を聞きながら、ゆったり温泉につかると日ごろの疲れがスーッと抜けていきます。

15.稲武の前橋

稲武の前橋

勇作が豆腐販売をする軽トラックは豊田市内の自然豊かな町を走ります。勇作が政美に生きることの意味を説いた前橋も何度も映画に登場します。

16.迷道庵

迷道庵

勇作の家兼平野屋豆腐店として使われた迷道庵。囲炉裏を切ってある古民家のたたずまいが映画の雰囲気を盛り上げています。

17.マルハチ鈴木商店

新名工業

足助町新町の鈴木商店前で豆腐を販売している勇作。地元の大勢の方にエキストラで出演いただきました!

18.もみじ街道

もみじ街道

壇蜜さん演じる志保が政美をオートバイの後ろに乗せて疾走したのが紅葉街道です。撮影は桜の季節でしたが、秋にはその名の通りそれは見事な紅葉の回廊が。車で通りぬけるのもいいですがぜひのんびりお散歩をして赤や黄色のもじみをご堪能ください。

下地図